プカプカの日記

すこやかに ゆっくり にっこり

かわいらしさ

5月27日のマイメロセラピーより

 

f:id:kujiragumo_pukapuka:20200426140802j:plain

画像:ホームページより

 

マイメロセラピーについて

マイメロディがラジオでリスナーの悩みや思いに答える番組

TOKYO FM 月~木 19:48~19:51 YOU TUBEJFN PARKでも聴けます

そのままでいいんだよ - プカプカの日記

 

この日のおたよりは、

「私には好きな人がいます。

この前告白したら『お前のことを女としてみたことはない』と言われフラれてしまいました。

たしかに私は女の子らしくない格好や言葉づかいをしているので、そう言われてもしかたがないのかもしれません。

でも、今さらかわいく女っぽくしても自分には似合わないだろうな、とちゅうちょしてしまいます。」

というものでした。

 

マイメロさんは、

「メロディはね、いつもお気に入りの格好をしてるの。

そうするとね、ウキウキしてね、笑顔がもっとすてきになるんだよ。

それがかわいいってことなの。

だからね、〇〇さんがウキウキできる格好をしてね。

だいじょうぶ。〇〇さんはとってもかわいいよ。」

と答えていました。

 

マイメロさんは「かわいい」の軸がとてもしっかりしていて、

すごいなぁ、マイメロさんのかわいらしさはそこなんだろうな、と感じました。

「かわいい」の感性は人それぞれですが、

自分が心地よくいられる時、笑顔でいられる時に、その人のかわいらしさが自然とあふれてくるのだと思います。

 

私は「女の子らしさ」にまるで縁のない子ども時代を経て、

「女子力」にまるで縁のない大人になりました(男っぽいわけでもないけど)。

そもそも「男らしさ」とか「女らしさ」っていったい何?

そもそも「自分らしさ」って常に一定でもなさそうだし、

いろんな面があって、いろんな表情をみせて、そのすべてが「その人らしさ」ではないかなぁ、

そして性別や年齢関係なく、だれもが「かわいらしさ」を持っているのではないかなぁ、と思うのです。

 

ふとした疑問・・・よく中学生男子に「かわいい」と言うと傷つくと聞きますが(カッコいいと言われたい年頃だそうで)、本当にそうなのかな。いやいや少しはうれしい気持ちもあるのかな。

これも人それぞれでしょうが、実際どんな気持ちなのでしょう。

だから何、ということもなく、素朴な疑問です。